1. ホーム
  2. コンテンツ
  3. 筑波大チームが衝撃データ 3.11クラスの巨大地震再来か。
2015.03.03

筑波大チームが衝撃データ 3.11クラスの巨大地震再来か。

筑波大などの研究チームが、3日に英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」に発表したところによると、東日本大震災の震源域のエネルギー状態が、震災前と同じレベルに戻った可能性があるという。

 

今後は3.11と同じマグニチュード9クラスの巨大地震が、いつ発生しても不思議ではないとのこと。

 

 

研究チームは、98年から現在まで東北沖のプレートで起こる地震活動を精査。プレートにかかる力の蓄積状態が、震災後2~3年で元の水準に近づいたと分析しており、大震災で放出されたエネルギーが、従来考えられているよりもはるかに短期間で回復している可能性があるという。

 

また、滑り込むプレートで起こる巨大地震は、マグニチュードや発生間隔が不規則であるとも結論付けている。

 

震源域でエネルギーが急速回復

研究チームのひとり、筑波大のボグダン・エネスク准教授はこう話す。

「震源域でエネルギー状態が急速に回復しています。3月なのか、年内なのか、
どのような規模で起こるかはわかりません。ただ、震度7クラスの地震がいつ
起こってもおかしくありません」

 

エネスク准教授はルーマニア出身で、地震を約20年にわたり研究してきた。「地震の観測点として」日本を選び、98年に来日。京都大学防災研究所や防災科学技術研究所などで研究員も務めてきた。

 

「すでに巨大地震が起こったからといって、『次はしばらくこないだろう』と
いう考え方はよくありません。東北沖は十分に気を付ける必要があります。
小地震と大地震の発生比率を注意深く監視することで、将来の発生予測を高め
ることができると思います」
来月で震災からまだ4年だが、用心するに越したことはないようだ。
(引用:日刊現代 2015年2月7日)

お問い合わせ・資料請求はこちらから
お問い合わせ・資料請求はこちらから
PAGE TOP