1. ホーム
  2. コンテンツ
  3. 企業が災害に備える時に気をつけたい保険の選び方
2015.02.25

企業が災害に備える時に気をつけたい保険の選び方

噴火により噴石が飛んできて屋根が破壊した! という場合は、火災保険と併せて地震保険に加入していないと、保険の対象となりません。

地震保険は「地震」「噴火」「津波」が対象です。

ただし、地震保険に加入していても、修理費の実費が支払われるものでなく、地震保険特有の支払い方(全損・半損・一部損)となりますが、噴火が活発化している今、やはり地震保険の大切さを感じます。

また、自動車保険の車両保険についても、「地震」「噴火」「津波」による損害は対象外です。保険会社によっては、地震・噴火・津波で所定の損害があった場合に保険金が支払われる特約もありますので、ご確認を。


 

 「草津白根山で火山性地震増加 警戒を」

群馬県の草津白根山で23日未明から火山性の地震が増加し、気象庁は、今後、小規模な噴火が発生する可能性があるとして、引き続き火口周辺警報を出して、湯釜火口から1キロ程度の範囲では噴石などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、草津白根山では23日午前2時ごろから湯釜火口付近を震源とする火山性の地震が増加し、午後3時までに60回の火山性地震を観測したということです。
草津白根山で火山性地震の回数が一日に50回を超えたのは、去年8月以来です。

これまでのところ、地震の増加に伴って傾斜計などのデータに特段の変化は見られず、火山性微動も観測されていないということです。気象庁は、草津白根山では火山活動が活発化しており、今後、小規模な噴火が発生する可能性があるとして、引き続き火口周辺警報を出して噴火警戒レベル2を継続し、湯釜火口から1キロ程度の範囲では噴石などに警戒するよう呼びかけています。

東京工業大学の野上健治教授は「湯釜火口付近の地下のごく浅いところで膨張が続いていているとみられ、地震活動は今後も続くと考えられる。

地震の規模などから考えて、直ちに噴火に至る可能性は低いとみられるが、小規模な噴火が発生する可能性はあるので、引き続き湯釜火口の付近では注意してほしい」と話しています。(NHK NEWS WEB 2015年2月23日)

 

お問い合わせ・資料請求はこちらから
お問い合わせ・資料請求はこちらから
PAGE TOP